せどりという商売

この記事は2分で読めます

人気ブログランキング

ポチっとお願い致します。

励みになります!

 

 

 

こんにちは!

 

 

ぐりです。

 

 

最近、さぼり癖があり

コミックをむさぼるように

読んでいます。。。

 

 

今日は、せどりを始めた

当初の話をしようと思います。

 

せどりを始めようとしたとき

予算は、あまりありませんでした。

 

5万円くらいですかね。。

 

その5万円でバーコードリーダーを

買ってブックオフでビームを当てていました。

 

始めた当初は、単行本と文庫本でしたね。

 

単Cと呼ばれる108円~200円の

棚で仕入れていました。

 

1回の仕入れで大体10冊~20冊程を

仕入れていましたね。

 

何百冊も検索して10~20冊です。

 

当時は、副業だった為に

仕事の後に店舗へ行く

感じだったので目ぼしい商品は

殆どありませんでした。

 

そこで、僕がとった行動は

『薄利多売』でしたね。

 

高回転で薄利な商品を

集中的に仕入れました。

 

これには、理由が二つあります。

 

①仕入れの予算を増やすため。

②評価を増やすため。

 

この2つです。

 

 

まず①ですが、仕入れの予算が

あまり無かったために高単価の

商品は、どうしても怖くなってしまいます。

 

売れなかったら。。。

赤字になったら。。。

 

こんな思考でした。

 

なので、低単価でもすぐに売れる商品を

仕入れる事で予算を増やしていきました。

 

せどりを始めて最初の月は

3万程度の売り上げだったと

記憶しています。

 

翌月は10万円

 

その翌月は20万円

 

こんな感じでしたね。

 

とりあえず売り上げは全て

商品に充てて売り上げと

利益を上げる為に必死でした。

 

②に関しては、評価のないセラーよりも

評価があり高いセラーの方が売れ行きが

イイだろうと思い数量をこなして

評価を得ていました。

 

現在は、やっていませんが評価依頼の

メールなどは結構効果がありましたね。

 

初月で10程の評価を頂きました。

 

こんな感じで最初の数か月は、

すぐに過ぎちゃいました。

 

ちょっと長くなってしまったので

続きは明日。

 

それでは!

 

 

今日はコレ

http://mnrate.com/item/aid/B01JFLTJK6

仕入れ値・販売価格はメルマガでお伝えしています。

他にも、ブログでお伝えできない有益な情報も配信しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 10.18

    価格急上昇!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。